ネット総合病院の日本一分かりやすい利用方法の説明

世界レベルで見れば日本での医療技術は大変発達している中に入り、健康保険制度も導入されている国で自営業者等が加入する国民健康保険・サラリーマンが入る厚生年金、そして教職員等が入る教職員共済生活協同組合等に別けられます。
ですから基本的には病院やクリニック等で医師の診察を受け、必要があれば調剤薬局から3割負担で医師が指定した医薬品を提供して貰う事が出来るのです。
それでは外国人が日本へ行けば世界でデファクト・スタンダードとなっている薬を処方して貰えるのかと言えば、現実はその様にはなっていません。

先に述べた健康保険の事を聞けば実に医療や医薬品に優れた国であるのにも関わらずに、未だに世界の100カ国近くの国で使用されている薬でさえ、日本の厚生労働省からの許可を得られなければ、医療機関で販売する事が出来ないのです。

新薬を発売するまで世界レベルと日本の場合を比較したデータがあり、アメリカやヨーロッパ諸国と比較して、約4年も遅れているのです。
特にそれぞれの国々が認可する時間は、アメリカ・ヨーロッパが1年1ヶ月程度であるのに対して、日本はおよそ1.8年と、約1年弱程度遅れをとっていて、これらの遅れをドラッグ・ラグと呼ばれます。

一方医薬品を必要としている側からすれば、一刻も早く厚生労働省からの許可を貰いたい所ですが、個人レベルで足掻いて見ても突破口は見い出せないでしょう。
この様な状態では、一刻も早く医薬品を調達する具体策が必要になります。
インターネットが日本に上陸をして、ごく普通の一般家庭でもインターネットを利用可能なパソコン・携帯電話、あるいはスマートフォン等の端末を利用すれば個人輸入代行企業である、ネット総合病院を利用して海外から医薬品を入手する事が可能に成る訳です。

ネット総合病院ではパートナーとの「夜の生活」をエンジョイする為の薬は勿論の事、育毛剤や育毛シャンプー・ダイエットの為の薬・メンタルな病気を治療する為の薬を用意しています。
また、気管支炎喘息・糖尿病・鎮痛剤等豊富に扱っていますので、ネット総合病院のWEBサイトを一度覗いて見ても良いかも知れません。
医薬品の購入の方法はインターネット通販でクレジットカードを利用し何らかの買い物等をした事があれば、医学的知識や免許・資格が必要という事は何もありませんので、安心して購入する事が出来ます。

言うまでもありませんが、ネット総合病院で販売している医薬品は、配送元で薬剤師によってチェックを行なっている正規品であり、偽物が混在する事はありません。
偽物がどうしても心配という方はこちらのサイトをご覧ください、オオサカ堂とネット総合病院の利用記録
動画などで実際の商品が確認できます。

なお全国どこへでも送料が無料ですし、個人輸入の場合は消費税は一切加算される事が無いというメリットも有ります。
病気の種類によっては他人にも、あるいは家族にさえも知られたくないという病気の場合、中身が外側から見ても判らない様にして配送するという配慮も、ネット総合病院依頼すれば可能です。
更には郵便局留め制度を利用して自宅に配送せずに後日、自分で郵便局に出向き品物を受け取るという事出来ます。